メニューを開きます

2016.05.08

【観光情報】四国カルスト天狗高原はよいところ。

 

↑ショーケースに並ぶ四万十牛の1枚ずつ食べ比べ!華やか!

 

 

観光シーズンのGW賑わいもひと段落。

いつも通りのおだやかな四万十がもどってきつつあります。

それでも、やっぱり県外ナンバーの車やバイクをよく見かけます。

梅雨入りするまでは、緑がきれいな時期なので、

ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

 

さて、今日はGWによく聞かれた観光スポットについて書きます。

高知県では「奥四万十博」が開かれています。

引用先→http://okushimanto.jp/about.php


「2016奥四万十博」は、高知県の高幡広域5市町で
開催する旅の誘客キャンペーンです。


 日本最後の清流四万十川、日本かわうその生息が最後に確認された新荘川。四国カルストの山麓にその源を発し、流域に暮らす人々の生活に寄り添いながらゆったりと流れ、やがて太平洋に注いで豊穣の海を育んでいます。
山川海が織りなす日本の原風景が今も鮮やかに残る、奥四万十地域。都会の人々がこの地を訪ね、その自然や旬の味覚、素朴な人情に触れるとき、いつの間にか素の自分を取り戻し、リフレッシュされていることに気付くに違いありません。
そんな“すっぴんデトックスの旅”を私たちは提供します。


【開催期間】

平成28年4月10日[日]〜12月25日[日]

【開催エリア】

高知県の高幡広域5市町 須崎市/中土佐町/四万十町/梼原町/津野町






 

開催エリアに四万十市は入っていないのですが、

精肉店と焼肉屋のある四万十市江川崎は、

ちょうど四万十町から梼原町へ出向く際の、通過地点になっています。

 

 

そんなこともあってか、

「明日は四国カルストへ行きます」

「天狗高原に行こうと思っています」

というお客様と出会うことが多かったです。

 

パノラマ撮影なので、クリックしてみてください。



 

車だと大体2時間ぐらいでゆけます。


 

四国カルストは、日本三大カルストの1つです。

※日本三大カルスト=山口県の秋吉台、福岡県の平尾台

天狗高原は四国カルストの一部分で、

高知県側のことを指していると思います。

天気がよいときは、石鎚の山々も見えますし、

太平洋まで見えちゃったりもします。

とても荘厳な景色に出会えます。

広角レンズがパノラマでの撮影をしたくてたまらないです。



 

高知だけど、高知じゃない景色です。

昼間だけじゃなく、夜は星空がとてもきれい!

空とすっごく近い感じが味わえます。

朝はお天気とのめぐりあわせが良かったら雲海も見えます。

DSC_4923

この日は雲海から太陽が卵の黄身色ででてきました~。

DSC_4946

 

あとアナグマに出会えることもあります。

草原の中をふわふわのもふもふが走り抜けてゆく様はたまりません。

写真でいうと、赤いマル印のところに、アナグマがいます(笑)

IMG_3083.2014-08-28_061608

 

親戚が天狗高原のふもとに住んでいるので、

小さいころからよく遊びにでかける場所でもありました。

お子様から大人まで楽しめる景色があります。

ぜひぜひ出かけてみてください。

 

 

天狗高原に出かけて、愛媛県へ抜ける方には、

ペンションもみの木濃厚チーズケーキがおすすめです。

ウェブサイト:http://xn--u9j7ai7nscsexlw88y0iao14l.com/

IMG_3219.2014-08-29_011735

 

こちらは牧場が併設されていて、ヤギや鹿などとふれあえます。

IMG_3214.2014-08-29_004800

鹿なんてものは、四万十では害獣でしかないのですが、

まあ、近くでみたらかわいいのよね。

IMG_3208.2014-08-29_004357

 

以上、店長の気まぐれ観光案内でした。

天気に恵まれるなら、ほんと、天狗高原はおススメです!

 

 

そして、天狗高原へのお出かけの前夜の腹ごしらえ、

天狗高原のお出かけあとの晩御飯は、四万十牛で♪

どうぞよろ肉お願いいたします♪

DSC_0321

 

===
電話番号:0880-52-2989
住所:高知県四万十市西土佐江川崎2594-1
営業時間:17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日
席数:30席程度
(掘りごたつ 7~8名×2席、テーブル 4~5名×2席、個室座敷7~8名×1席)
お子様用の椅子やおもちゃもございます。座敷はテレビ付きの半個室です。
===
店長 チハル