メニューを開きます

2016.03.11

【メディア情報】ソトコト4月号に横山精肉店が紹介されました!

 

パチパチパチパチ☆

四万十牛の店頭販売を行っている

「横山精肉店」がソトコト4月号に紹介されました!

 

 

訪ねてみたい、日本各地の専門店!

まちのアイデンティティをつくるのは、お店の役割。地方でも都市でも、連綿と営業を続ける老舗や、代を引き継いだ若い人たちによる新しい専門店が、がんばっています。
この号ではそのまちの個性が表出している肉屋さんやパン屋さん、眼鏡屋さんなど、専門店を営む人たちとそのお店を紹介。生活のための専門店から趣味のプロショップまで、日本を歩けば、訪れたくなるお店がたくさん!ユニークな仕掛けやまちづくりで地域を盛り上げている専門店が登場します。「買い物は投票」、その一票をどこに入れるかを考えるきっかけを提案します!

引用元:http://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201604

 

 

 

その中の「全国・暮らしがたのしくなる専門店ガイド」という特集で、

横山精肉店が高知県代表(?)として選ばれたみたいです。

 

ソトコト4月号

 

横山精肉店、と言う切り口ですが、

牧場のことも焼肉屋の話も出ております。

そりゃそうだ、四万十牛の生産から販売までの四万十牛本舗ですからね^^♪

 

 

 

ソトコト4月号

ページの下半分ほど掲載してもらっちゃって、ありがたいな~。

ソトコト4月号

紹介記事の最後は
「頼もしい息子さんたちが力を合わせて家業をもり立てている。」

と締めくくられていました。

 

 

頼もしい息子さんたち(+女子アナウンサー)。

横山兄弟取材

 

あれ、兄弟で映っている写真が案外ないものだなと気づいたことでした。

家業をもり立てる現場がそれぞれ違うので、当然といったら当然ですね。

 

左の頼もしい息子さんが、牧場長タイガさんで、

四万十牛牧場長

右の頼もしい息子さんが、精肉店と焼肉屋でお肉のカットをしているゲンキさんです。

四万十牛横山精肉店

 

四万十牛の話になると、兄弟に注目が集まりますが、

兄弟のお姉さんにあたる娘さんのミナミさんはスイーツづくりもしています。

スフレチーズケーキとか、コーヒーケーキとか、

そこらへんのコンビニケーキよりおいしいです。

ひな祭りのケーキは、お内裏様お雛様まで手作り!女子力!

12754895_1071989502881174_274185552_o

3人のお子さんがいるのに、パワフル、こちらも頼もしい娘さんです。

 

そして、その母が社長のマキさん

この写真でお馴染ですね!

四万十牛

ちなみに、5人のお子さんがいて、お孫さんが7人います。

下の写真の上段1番左がマキ社長です。

その前が息子のゲンキさんです。

2人でイベント出店していると、夫婦に間違えられることもあるそうです。

※ゲンキさんが亡き旦那さんに似ているのも相まって。

焼肉よこやま

 

いろんな意味で、マキ社長が1番頼もしい!!!

横山家はほんとすごいんですよー。

そんな横山家の家業を支えるスタッフもすごいんですよー。

また今度ご紹介いたします^^

 

ソトコトきっかけで四万十牛を知ってくださった方、

ぜひ高知県に遊びにいらした際は、

横山精肉店で四万十牛をお買い求めください。

BBQセットもできますよ~!

 

お外より中で食べたいな、という方は

焼肉よこやまでお食事なさってくださいませ~!

 

高知県はちょっといけないぞ~という方は、

通販サイトより四万十牛を召し上がっていただければ幸いです!

四万十牛本舗(通販サイト) http://shimantogyu.com/

 

どうぞよろ肉お願いいたします!

 

===
電話番号:0880-52-2989
住所:高知県四万十市西土佐江川崎2594-1
営業時間:17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日
席数:30席程度
(掘りごたつ 7~8名×2席、テーブル 4~5名×2席、個室座敷7~8名×1席)
お子様用の椅子やおもちゃもございます。座敷はテレビ付きの半個室です。
===
店長 チハル