メニューを開きます

2015.12.21

【四万十牛のすゝめ】リブロースは3つの味わいが楽しめる部位!

↑惚れ惚れするリブロース!

 

もうすぐクリスマスですね〜。

店内もクリスマスな雰囲気になっております。

スタッフえみりん作です。かわいい♪

1923558_1001837049857777_2051203765806287294_n

左はユウサンタ、右はゲンキサンタ※2人は同級生サンタ

12391274_1001837069857775_4537326774903468376_n

ぱっちり一重に、八重歯がかわいいゲンキサンタ

12321121_994920977216051_3313763447330785731_n

 

さーて、まーた、やっちゃいましたよー!

店長の自腹企画!

今回もリブロースの分厚いステーキに挑みました。

 

というのも、今回のリブロースには

ロース芯、マキ、カブリまでついている部分だったからです!

↓今回のリブロース。

12414030_1025220330891425_1551657961_o

↓前回のリブロース。

12171774_995596573853801_1983217000_o

真ん中の丸っこい部分がロース芯です。

そのロース芯を左から半分ほどにょきっと

能登半島みたいになっているのがマキです。

その上がカブリと呼ばれています。

リブロースは3つの味わいが楽しめる部位なのです!

 

さあ、どんな味わいの違いがあるでしょうか~?

今回も分厚いステーキでお届けいたします。

 

店長「分厚くお願いします!」

 

ゲンキさん「知らんで~(にやにや)」

 

カブリがしっかりとついていますし、

前回よりも大きい塊肉ですし、

前回と同じ厚さにしたら、前回よりもグラム数が増えるのは必至。

 

↓にやにやにやにや

12400287_1025220354224756_1190706937_o

↓ゲンキさん「これぐらいやね」※推定2cm

12398799_1025220260891432_492991048_o

↓一刀されたリブロース様。

12399746_1025220167558108_1200439500_o

筋や脂が多い部分は取り除いてもらいました。

↓こうなりました。

12415571_1025220170891441_462953122_o

前回は430gでしたので…

間違いなく2人で食べるグラム数ですね。

スタッフを呼んで一緒に食べることにしました。

※スタッフはすでに晩ご飯を食べていましたが、参戦!

 

爪楊枝と比較すると・・・!

12422211_1025220234224768_425762645_o

あれ、前回よりも分厚い!(笑)

12171472_995596587187133_1369705991_o

分厚過ぎて震えますね。

うそです。楽しみにでにやけます。

12413885_1025220224224769_433384383_o

 

まずは初めて食べるカブリを焼きます!

↓カブリ!

12171960_1025220180891440_1036272801_o

↓カブリ待ち

12389189_1023267854420006_1683213630_o

↓カブリこんがり!

12415867_1025220274224764_1747561949_o

↓カブリカット!

12400141_1025220310891427_1095786203_o

↓カブリレア!

12416013_1025220270891431_933053432_o

カブリ、おいしかったー!!!

歯ごたえがあります!ムチムチしてます!

前回の分厚い肩ロースの食感に近いような気がしました。

短冊カットよりも、サイコロステーキにしたほうが食べよい気がしました。

 

お次は、ロース芯+マキ!

真ん中の丸いのがロース芯で、右から伸びているのがマキです。

12400308_1025231360890322_249328113_o

12398759_1025231380890320_49250871_o

お店で1番大きいお皿にちょうどのサイズ♪

12400221_1025231264223665_559591569_o

焼け具合もいい感じですね。

※店長はレア好き。

 

↓ロース芯

12422457_1025231230890335_867886690_o

ロース芯が大きくなるとサーロインになりますので、

やわらかいですし、噛む度に甘い脂が口に広がります。

じゅわじゅわって感じですね〜!

こちらは短冊カットがいいんじゃないかしら!

 

そして、次はマキ!

リブロースの中でも、この部位が1番やわらか〜いです!

カットしただけでほぐれるんです。

↓マキ

12415777_1025231310890327_321751895_o

ほぐれる感じでいうと、ハラミに近いかな〜。

ロース芯よりも柔らかくてとろけます!

分厚めのスライスがよいかも♪

 

は〜、美味しかったです!!!

食べれない脂部分が100gぐらいあったとして、

店長は大体500gぐらい、スタッフは100gぐらい食べました。

1ポンドステーキを食べたことがあるので、

1ポンド=453gなので、うん、いけました!

でも、さすがに、お腹いっぱい!(笑)

 

3つの味わいが楽しめるリブロース!

記念日、お祝い、そしてクリスマスにもぜひどうぞ♪♪

 

ちなみに、リブロースと顔を比較していた件ですが、

昭和生まれだけだからじゃないと、ゲンキさんに一蹴。

昭和生まれかつ、ちょっと人より顔がおおきい作りなんですよ。

↓遠近法を利用してみたよ!

12400147_1025220254224766_892936681_o

↓ほんとはこっち!

12414030_1025220330891425_1551657961_o

 

ロース芯サイズの顔に生まれてみたいなー。

来世はそんな感じで神様にお願いしたいですね。

 

では、2015年も後少し、よろにくお願いいたします!

 

 

===
電話番号:0880-52-2989
住所:高知県四万十市西土佐江川崎2594-1
営業時間:17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日
席数:30席程度

(掘りごたつ 7~8名×2席、テーブル 4~5名×2席、座敷7~8名)
お子様用の椅子やおもちゃもございます。座敷はテレビ付きの半個室です。
年末は12/30(水曜日)まで営業いたします。
12/29の肉の日は初回ドリンク1杯無料です。
年始は1/4(月曜日)から営業いたします。
===

店長 チハル